英国ロイヤルウェディング

royal-wedding

英国ロイヤルウェディング

つい先日結婚式が開かれました。世界中が注目をしている英国ハリー王子と女優のメーガン・マークルさんの結婚式が、5日19日(土)ロンドン近郊のウィンザー城でめでたく行われました。結婚式を終えたイギリス王室のヘンリー王子(33)とメーガン妃(36)。「新しい王室像」を印象付けた2人には、世界中から祝福とともに期待の声が挙がってウィンザー城で行われた結婚式では、アフリカ系アメリカ人の司教が説教を行い、その後、2人が選曲したという「スタンド・バイ・ミー」をゴスペルの合唱隊が披露して型破りな挙式が繰り広げられました。新郎のヘンリー王子はベストマンを務めた兄ウィリアム王子と同様イギリス騎兵連隊ブルーズ・アンド・ロイヤルズのユニフォームであるフロックコートをまとっていて、これまた絵になる様そうでおとぎの国から飛び出した光景を含めまさにシンデレラストーリーそのものですね。まだまだこれからもブックメーカーの賭けもヒートアップする事でしょう。ブックメーカーと言えばウィリアムヒルカジノ。ぜひオンラインカジノで賭けてみては?

royal-wedding

有名人ではジョージ・クルーニー&アマル・クルーニー夫妻やベッカム夫妻、エルトンジョンなどが出席してウェディング後のパレードでは10万人以上もの人々が駆けつけました。豪華絢爛でまるで映画を見ているかの様です。さて、賭け好きのイギリスだけあって、ブックメーカー(賭け屋)は「過去最も暑いロイヤルウェディングになるか」「式の間に雨が降るか」「最高気温は25℃を超えるか」など、こぞって天気に関する賭けを行っていました。雨の多いロンドンであるにもかからず、過去3回のロイヤルウェディングではすべて雨が降っていないようです。当日も晴天に見舞われてイギリス王室はまさに晴れの舞台がお似合いですよね。又、イギリスのブックメーカー各社では、メーガンのウエディングドレスを手がけるデザイナー予想の賭けに申し込みが殺到しました。ウェディングドレスのブランドについては、ラルフ&ルッソ(RALPH & RUSSO)やアレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)、アーデム(ERDEM)などが憶測されていました。その中で最有力候補だと予想されているのは「アレキサンダー・マックイーン」が本命ではないかと噂され大手ブックメーカーのパディパワーでは、「アレキサンダー・マックイーン」のオッズ(倍率)が17倍から9倍へと一気に下がったとか。ぜひオンラインカジノのウィリアムヒルカジノで賭けてみては?

同ブックメーカーのスポークスパーソンは火曜日の午前中、アレキサンダー・マックイーンにお金を賭ける人が急増しました。あまりの多さにメーガンのウエディングドレスに関する賭けを一時的に中止したほどでした。因みにメーガンさんが婚約発表で着ていたドレスが、この「ラルフ&ルッソ」のものでした。ビーズと刺繍が施されたライニング付きのシースルーのトップに、フワッとしたダークカラーのスカートは5万6000ポンド約850万円でした。そして結果はというと彼女が晴れの日に選んだのはクレア・ワイト・ケラーによるジバンシィ(GIVENCHY)でした。クレアはジバンシィ(GIVENCHY)にて初の女性アーティスティック・ディレクターの座に就いたイギリス人女性です。彼女のデザインは麗しいドレスで7部袖のボートネックのドレス、そして英国王室を象徴するシルクチュールのベールは5mもの長さに及び、絹糸とオーガンザで手縫いされた花が眩しく注目を浴びました。

Casitabi 50 USD Bonus - Casinotop5.jp