急成長を遂げたマカオ

macao

マカオの反逆

ここ数年、急成長を遂げたマカオは2002年のカジノ独占権の解放を機にマカオはラスベガスを抜いて世界一のカジノシティへと変貌しました。次々と誕生したアメリカを中心とする海外資本の参入によりカジノ中心の街から総合エンターテイメントの街へと移り変わりました。これによって若者を中心としたファミリー層や女性客も賑わいそれと同時に中国バブルの好景気もあって中国本土からの観光客が爆発的に増えました。マカオと言えば旧市街地のマカオ半島と新規に埋め立てられたタイパなどの離島区に分かれており南北の両島は橋でつながっているので移動は簡単です。又、2018年に香港とマカオをつなぐ海上大橋が開通します。そうなれば香港空港からマカオまでバスや車で一気に到達できます。渋滞などがなければ1時間くらいでアクセス出来て便利になるでしょう。

macao

最近のマカオへの日本人入国者数は、毎月対前年比30~40%増という勢いで伸びています。そんなマカオの発展と共に、2007年12月MGMグランド・マカオがオープンしました。
MGMホテルは豪華絢爛でアメリカ、ラスベガスのMGMミラージュとマカオのカジノ王Stanley Hoの娘Pansy Hoが50%ずつ出資して立ち上げられて約1,330億円も費やした超巨大プロジェクトであります。35階建ての建物には客室が600室。5~17階がデラックスルーム、20~28階は全室スイートルームとなっています。本場ラスベガスにも負けない、バリエーション豊富なカジノゲームを楽しむことができます。当社がおすすめするオンラインカジノはベットビクターです。

マカオと言えばカジノ、マカオのカジノは40軒を超えます。マカオのカジノはバカラとシックボーが半数以上を占めておりルーレットやブラックジャックは少数ゲームとなっています。これはアジア特有のゲーム趣向で韓国やシンガポールでも見受けられます。また、テーブルゲームにおいてもシェアベットやスタンディングベットが許されるなど、中国人プレイヤーに合わせたアジア特有のテーブルルールが設けられています。カジノディーラーへのチップも不要のため彼らのホスピタリティにはあまり期待できませんがディーラーとのガチンコ勝負を楽しむにあたり思う存分プレイ出来るでしょう。カジノへの入場はIDチェックなどなく手荷物検査ぐらいで入場できますがゲームの参加は21歳以上なのでテーブルでIDチェックを求められることがあるので要注意です。マカオのカジノではVIP個室以外は全てが禁煙となっています。尚、マカオのカジノでは香港ドルとマカオパタカの両通貨が使えて、換金レートもお得になっています。

楽しめるカジノゲームは、マカオのカジノでは見過ごせないバカラや大小、ブラックジャック、3カードポーカー、ルーレットなどでエンジョイ出来ます。バカラや大小はライブ中継があるので見どころではあります。マカオのカジノではラスベガスに比べ気負わずに気楽な特徴で、ドレスコードは特になく、ジーンズなどのラフな格好でもプレイすることができます。ただし、セキュリティ対策で帽子やサングラスなどは禁止されていますので注意が必要です。皆さんも是非一度、オンラインカジノでプレイしたら本場のマカオでプレイしてみるのもいいですよね!!!

ホテルから直結しているMGMホテルの名物であるグランド・プラカ広場には多くのレストランやブランドショップが立ち並ぶショッピングモールでホテルとカジノやブランドショップ街をつなぐ中継地点としての役割を果たしています。ポルトガルのリスボン中央駅をイメージして造られたこの広場は、2300㎡の広々とした敷地面積を誇り天井が高く開放的で天井はガラスで出来ていているので、昼は明るく夜は美しくライトアップされてロマンチックな雰囲気を醸し出します。カジノ施設では、普通のカジノエリアとハイローラーが集うハイリミットカジノエリアラスベガスルームと分散しています。設置されているゲームテーブルは約500台でゲームマシンは900台設置しています。広大な面積の1フロアが特徴のカジノエリアです。

Casitabi 50 USD Bonus - Casinotop5.jp