モナコに行こう!

casino-monaco

セレブのカジノ・モナコ

知る人ぞ知るセレブの国モナコ公国、通称モナコは、西ヨーロッパの立憲君主制国家で南フランスの地中海に面したイタリアとの国境に程近い場所にあります。勿論、都市国家であり首都モナコ市がそのまま全領土となる、世界で2番目に小さいミニ国家で、国連加盟国の中では世界最小です。フランスの地中海沿岸地方コート・ダジュールのイタリアとの国境近くに位置するここモナコでは最大の都市モンテカルロには国際水路機関の本部がありモナコはカジノやF1モナコグランプリ、WRC・ラリー・モンテカルロが開催されることで知られていることが有名ですよね。

casino-monaco

ここモナコではお金持ちは当然ピカピカな宝石と毛皮をまといロールスロイスやフェラーリを乗りまわしていられるのも安全という前提があるからです。泥棒や人の目を気にせずに思う存分金持ちぶりを見せる事ができるのは、ここモナコならではの醍醐味と言えるでしょう。ここモナコではお金さえ出せば、なんでも揃う国というイメージでアパートが高い、ホテルが高い現実はそれ相応の富裕層だけ来てもらえば良いというメッセージだからでしょうか。やはり、移動に便利、安全で生活の質が高いモナコでなければ、という観念は、世界中のモナコ居住希望者、観光客も含めて、モナコに一目置き羨望の眼差しが降り注がれている事は周知の通りです。現在のモナコでは国の産業としてはかつてカジノの国だったモナコから、観光立国モナコに変貌を遂げさらに産業を育成するのが国策になっています。

当社がお勧めするオンラインカジノ、カジ旅を試してみてはいかがでしょうか?また、アメリカの女優グレース・ケリーは、モナコ大公レーニエ3世妃と人気絶頂の最中、ヨーロッパの君主と結婚して華やかな女優舞台から引退したことも記憶に新しいでしょう。又、世界中のセレブたちがこぞって集まりモナコ=お金持ちのステータスといったところでしょうか。世界中のカジノ好きはもちろんのことカジノ好きじゃなくても一度は見ておきたいカジノ・ド・モンテカルロは有名な建造物です。ここは1863年開業のモナコ最古のカジノで、パリのオペラ座を設計した建築家シャルル・ガルニエによって建造された由緒あるカジノで、その宮殿のような面持ちはモナコの建築物のなかでも豪華絢爛です。モナコに行かなくても、当社がお勧めするオンラインカジノ、ベットビクターならモナコ並みのラグじゃリーなカジノを堪能できますよ!

casino-monaco

モナコと言えばF1モナコGP。4月14日はモナコグランプリの日で1929年のこの日、第一回F1モナコGPが開催されました。レースはモナコの公道を閉鎖してモンテカルロ市街地コースで行われます。開催日には世界中のセレブ達が集まり、高級ホテルのバルコニーや豪華クルーザーから優雅にレースを観戦することは有名ですよね。又、カジノといえばモナコ、モナコと言えばカジノ。あのモンテカルロは知らずと知れたカジノですが伝説的な、グラン・カジノではあらゆるプレーヤーに称賛されヨーロッパで最も正統派の幅広い種類のテーブルゲームが備わっています。豪華なインテリアの中でゆったりと様々なゲームを楽しむことができる、安全で快適なグラン・カジノでは午後2時から営業しており毎日9時〜12時半には見学が可能です。およそ150年の歴史あるグラン・カジノはモナコを訪れる人々にとって見逃せない観光スポットと言えるでしょう。

入場料も10ユーロとリーズナブルでドレスコードも特に規定はないようです。入場無料のスロットマシンがあるアトリウムは午後2時から営業しており、テーブルゲームにおいてはサロン・ヨーロッパ、サル・デ・ザメリック、サロン・プリヴェの各ルームごとにプレイできるゲームが分散されておりヨーロピアンルーレットやプント・バンコ、シュマン・ド・フェール、ブラックジャックなどクラップス、アメリカンルーレット等が同じく午後2時からプレイできるのであらかじめどのゲームをプレイするか決めておくと良いでしょう。オンラインカジノの中でも当社がお勧めするラッキーニッキーで大きく大勝利を狙いましょう!

 

Casitabi 50 USD Bonus - Casinotop5.jp