クイックキャッシュの落とし穴

payment

クイックキャッシュの落とし穴

世界中のギャンブラーがひしめき合いこぞって一攫千金を夢見て止まないラスベガスはカジノのオンパレードといっても過言ではありません。そんなカジノの中では勿論キャッシャーがありそのカジノのキャッシャー近くには必ずと言っていい程キャッシュカード用の ATM が設置されているのは当然の事でしょう。しかしそのすぐ脇に “Quik Cash”、”Game Cash” などと書かれたコムチェックマシン (ATMの形態とほぼ同じ)が設置されていることには余り知られていないようです。それらはクレジットカードにより現金を引き出せる機械です。とはいっても日本のキャッシングの概念とは多少違っており日本ではクレジットカードで現金を借りる融資のような取引を意味することと認知されていますが、ここでいうキャッシングとは、いかにもラスベガスらしい特殊な取引のことで、びっくり仰天!!ほとんどのオンラインカジノでは、クレジットカードで課金できるので便利ですね。ベラジョンは特に簡単に入金ができます。

verajohn

なんとカジノ内では 「クレジットカードで現金を買う」 ことができるという概念になっているようです。 プレイヤーがカジノで所持金をスッカラカンにすってしまい、さらに何らかの事情によりキャッシュカードで現金を引き出せない状態にある人にとってはこんなマシーンを利用出来る事は願い叶ったりのマシーンとも言えるのでしょう。しかしこれは大きな落とし穴でもあり意思の弱い者にとっては危険行為に等しいでしょう。何故なら銀行口座に残高が無くてもクレジットカードの 「ご利用限度額」 まで現金を引き出すことが可能でマックスまで引き出してしまう人も続出すると予想されるからです。 こんな危険極まりない機械の利用方法は情報のツールとして頭に留めておいて下さい。

それまでの負けを取り返す一発逆転的な発想は大変危険な行為なので利用はお薦めしません。現地のマシーンのプロセスの手順は至って簡単でこのマシンに自分のクレジットカード (JCB もOK) の磁気ストライプの部分を読み取らて、画面の指示に従い引き出したい額を入力します。暫くすると画面に、英語表記で (キャッシャーの窓口に行け)というような内容の指示 が出ます。そのマシンによる操作はそれですべてそこで完了になります。10分ほど待ってからキャッシャーの窓口へ行くと伝票と現金が用意されているので、名前を名乗りパスポートなどの身分証明を見せて伝票にサインすればそれですべての作業は終わり現金を手に入れる事が出来るのです。 しかしここで注意しなければならない点はQuik Cash 利用により手数料が発生する事です。ベラジョンは特に簡単に入金ができるのでぜひ試してみては?

何度もこまめに引き出すぐらいであれば一度にまとめて引き出した方が得になるからです。それは手数料の率が金額に応じて異なっており、金額が小さいほど率が高く設定されているのでまんまと相手のツボに嵌ってしましますから気を付けましょう。 しかし殆どのプレイヤーは引き出した分をすべて負けてしまい少々手数料が高くてもこまめに引き出した方が結果的には得と思う状況が発生してちょくちょく引き出してしまいがちなのが現実のようです。 結論からいうとやはりダーティーなイメージが漂うQuik Cash なのであまり近寄らない方がベストと言えるでしょう。皆さんもQuik Cashにはご用心あれ!!!

Casitabi 50 USD Bonus - Casinotop5.jp