パチンコ業界とカジノの関係

パチンコ業界とカジノの関係

実際にカジノ法案が実現するとパチンコ業界に短期的・長期的にそれぞれどういった影響があるのでしょうか。実はカジノ法案が問題視される以前はカジノが出来てもパチンコ業界ではほとんど影響はないと囁かれていました。しかし、それは短期的見解であり中長期的に比較するならば大いに影響があると専門家が論評しています。そのからくりはと言えばカジノがそれ程成功しなかったならばパチンコ顧客からの集客を狙いターゲットと化します。カジノ側がパチンコ客に目をつけることによって、ポイントとなるのが警察との関係性に焦点をあてなければなりません。パチンコをカジノにわざわざ行かなくても楽しむ方法があります。それはオンラインカジノです。オンラインカジノでは今ぱちんこやパチスロさえできちゃうのです。

casitabi-3

カジノ参入により今までは三点換金というグレーゾーンの換金方法も見て見ぬふりをしていた味方のはずの警察がどう対処するかがキーポイントとなってきます。最近では急に固定ハンドルを取り締まるようになってきています。その直接的な理由が仕事の一環と捉えています。

パチンコ業界にと危機的問題となりそこの解消が今後の未来を左右します。カジノがメジャーとなる事によりパチンコ・パチスロは衰退を余儀なくされます。今後のパチンコ業界の課題としては風営法から抜け出す方法を模索しながら、パチンコが警察の売上にも貢献できるシステム構築すること。

カジノ自体がギャンブル依存症に焦点を当てるのであればそれは賢明ではありません。何故ならば既成事実としてパチンコ依存症の凡例のほうが多いことが社会問題となっているからです。その辺が曖昧なので依存症問題が大きくなったのです。そこには憤りを感じている人も多いかもしれません。国単位で考えるのであれば、カジノと依存症ではなく、パチンコと依存症に焦点を当てるべきだと感じます。また、カジノ法案については管理人は奨励しています。

現在、先進国の中で日本だけがカジノ参入を見送ってきました。今後、カジノリゾート施設導入により不景気を打破して払拭する事を期待できます。又、多くの雇用も生まれ、経済が良好に発展するようになると予想がされています。そのための建設費問題やその他の山積する課題も熟知しなければなりません。これだけ盛り上がって実際にカジノは出来るのか否か今後の動向に注視してみたいものです。

Casitabi 50 USD Bonus - Casinotop5.jp