スロットマシンの進化

IT

スロットマシーン時代

日本でのスロットマシンの誕生は1964年、アメリカ統治下の沖縄でオリンピアマシンと言うものが誕生して現代のパチスロの原点となった様です。このオリンピアマシンとは東京オリンピックに因んでオリンピアと名づけられたようです。スロットマシンの遊技機は、ゲーム機メーカーのセガとタイトーが共同会社であるオリンピアを設立してセガがかねてより在日米軍基地や欧州市場向けに製造していたスロットマシンを応用したものを製造、販売の経緯となっている模様です。その当時のマシンは1ゲームに投入できるメダルは1枚で絵柄の組み合わせの有効ラインは1つで、ボーナスゲームがありませんでした。その後のスロットマシンは試行錯誤、変遷を繰り返していくことになるのでした。当社がお勧めするカジノエックスでスロットマシーンをプレイしましょう。

IT

スロットの原点はそもそもアメリカ発祥で南北戦争の時代に製造されたスロットマシンが最初でその後、コイン作動式の競馬ゲームが開発されて人気を博しました。この種の機械が新たな工業製品の分野として成功に導いた模様です。それからさらに、一般にポケットマシンと呼ばれる、日本のパチンコに類似したゲームや、一般にホイールと呼ばれる、面を放射状に区分けした円盤が回転するマネー・ホイールに似たゲーム機が多く製造されるようになりました。しかしリールマシンの移行に伴いこの種のマシンは年々減少していきました。現在のスロットの多くがリールマシンを導入している中、初期の頃のリールマシンというものは、複数の回転輪を並べて回転させて停止したときの絵柄の組み合わせが多かったようです。登場時期のころはポーカーをモチーフとするゲームとして出現しましたが当時はそれらのゲーム結果の判定と払い出しを自動的に行うシステム化がなされておらず、当たり目が出た場合には、オペレーターが景品のビールや葉巻を手渡しで払いだすというアナログ形式でした。当社がお勧めするカジノエックスでスロットマシーンをプレイしましょう。

IT

スロットマシン自体も0号機から5号機までと進化を遂げて現在に至っています。この様にメーカーの開発努力により進化した現在のパチスロには目を見張るものがあります。そもそもパチンコとパチスロのそもそもの違いというのは何かといえばパチスロはパチンコ型スロットマシンの略称で横に並列した3個のドラムを入れて回転させて押しボタンで停止させて絵柄や絵文字を揃えるゲーム機械です。メダルをゲットする事で景品と交換できますがパチンコとの遊戯性の違いとしては、ある程度の技術介入要素が必要不可欠で出る玉を左右しやすい点にあります。つまり打ち手のレベルやテクニックによって目に見えて差が開きやすくなっていることです。又、システムや遊戯方法にある程度の理解がないと遊戯上での楽しみやエキサイティング効果を得られないので初心者にとってパチスロは難易度が高い遊戯と言えるでしょう。最も大きな違いはあらゆる役が当選しても、遊技者がその絵柄を決められた位置に止めないと払い出しを受けられないのでボーナスや小役は基本的に遊技者が止める必要があります。

 

Casitabi 50 USD Bonus - Casinotop5.jp