ブラックジャックのコツ

black-jack

アクション

今回はちょっとしたブラックジャックのルールをお教えします。最初に配られた2枚の合計が小さいときには、続けてカードを引くことができます。これを ヒット呼びます。カードが裏向きに配られるハンドヘルドゲームの場合には、2枚のカードをもったまま、テーブルをカードで、自分の方向に向けれます。必要であれば何枚でもヒットをすることができますが、プレーヤーの合計が21を超えると、バストとなり、その時点でプレーヤーの負けを意味します。当社がおすすめしているオンラインカジノには覆うのブラックジャックのゲームがあります。

black-jack

シューゲームの場合は、バストしてしまった後の処理はディーラーが行なってくれるが、ハンドヘルドゲームの場合には、プレーヤーの合計はディーラーから見えないので、もしバストしたらカードを表向きにしてディーラーの方向に投げ返せばよいです。また、ハンドヘルドゲームにおいてもヒットしたカードは表向きに配られます。カジ旅には多くのブラックジャックゲームがあるのでぜひ試してみませんか?

プレーヤーの選択肢

プレーヤーがバストし、後にディーラーもバストした場合に、引き分けにはならずディーラーの勝ちとなります。ディーラーにも機械的にカードを引かなければならないというハンデがあるにしろ、これではあまりにディーラーに有利である。そこで、この差を補うためにディーラーには許されなかった様々なプレーの選択肢がプレーヤーには許されている。

black-jack

インシュランス

ディーラーのアップカードがAであるときには、プレーヤーがアクションを始める前に、ディーラーは“インシュランスしますか?”と聞いてきます。これは、ディーラーがブラックジャックになっていることに対して賭けを行なうサイドベットです。このサイドベットは、右図の黄線内(INSURANCE PAYS 2 TO 1と書かれたところ)に置きます。

通常、元の賭金の半額を賭けることが許されており、配当は2対1である。従って、インシュランスを行って、的中した場合、元の賭金はディーラーに取られるが、インシュランスベットは的中したことになるので、丁度差し引き0となり、全体としては損得0となります。

特に自分もブラックジャックのときに行うインシュランスをすると、親のブラックジャックの有無に関わらず丁度元の賭金と同額の勝ちとなります。なぜなら、もし親がブラックジャックであれば、元の賭けは引き分けで、インシュランスは的中なので、全体として元の賭金と同額の勝ち、一方、親がブラックジャックでなければ、元の賭金には1.5倍の配当がつくが、インシュランスは無駄になるので、結局元の賭金と同額の勝ちとなるからです。これをイーブンマネーと呼ぶことがあります。

Casitabi 50 USD Bonus - Casinotop5.jp